ヒックとドラゴン

少年とドラゴンとの出会いと友情を描いた児童文学を基にして、ドリームワークスが製作するファンタジックな3Dアニメーション。監督は『リロ&スティッチ』のコンビ、ディーン・デュボアとクリス・サンダース。少年、ヒックの声には『ナイト ミュージアム2』などに出演するカナダの若手俳優、ジェイ・バルチェルを抜てき。ほかに、『300<スリーハンドレッド>』のジェラルド・バトラーやドラマ「アグリー・ベティ」のアメリカ・フェレーラが声優を担当する。敵対関係にあるはずのバイキングとドラゴンが巻き起こす奇跡から目が離せない。 / Yahoo!映画解説

「ヒックとドラゴン」この作品は2010年夏に劇場で鑑賞しました。TVでもCMではドラゴンの名前「トゥース」から、同じくギャグ「トゥース!」で有名なお笑い芸人のオードリーが宣伝役を担当するなど、宣伝はされてきましたが、実のところ人気がなく客足も少なかったのが事実でしょう。これには同時期にアニメーション映画の宝庫であるPixar(ピクサー)の作品「トーイ・ストーリー3」と、日本のアニメーションのトップ、ジブリの「借り暮らしのアリエッティ」という強大な2作品が公開されたことが大きく影響しているでしょう。

しかしながら、以前から個人的に映画の指標として利用している、Yahoo!映画のユーザーレビュー採点を確認すると、5点満点中の4.5前後であったため、これはひょっとすると隠れた名作なのではないかと狙っていました。結果としては予想通り素晴らしい作品でした。内容は子供向けではありますが、大人が見ても十二分に楽しめる映画です。お子さんがいらっしゃる方は、是非家族で一緒に映画鑑賞していただきたいです。まさにPixar・ジブリに待ったをかけるDreamWorksの見事な一手に仕上がっていると思います。

ストーリーや背景は容易で簡単に話に惹きこまれます。3D(ちなみに私は2Dで鑑賞しました。)や最新技術のアニメーションというオプションがなくてもきっと楽しめた作品でしょう。何といっても、ストーリー展開のリズムが良かったです。なんだか映画っていうのはこうやって作るんだぞって言われてるくらい明確に話が進み、観客が主人公の生活・環境・人格・感情をつかみ取るまでの時間も適度でした。本当におすすめの作品ですね。映画内容について話も触れたいので、ネタバレOKな方はこの記事一番下の「more」より続きをご覧ください。

【映画のさわり】
以前より、バイキングとドラゴンとの戦いが続いているバーク島。ある日、平凡な少年、ヒックはケガをしたドラゴンのトゥースと偶然に出会う。本来なら敵同士であるヒックとトゥース。しかし、二人の距離は少しずつ縮まり、やがて誰にも知られないように友情を育んでいく。

製作:2010年
映画:ヒックとドラゴン
監督:クリス・サンダース、ディーン・デュボア
脚本:クリス・サンダース、ディーン・デュボア、ウィル・デイヴィス
原作:クレシッダ・コーウェル
出演:ジェイ・バルシェル(ヒック)
ジェラルド・バトラー(ストイック)
アメリカ・フェレーラ(アスティ)
クレイグ・ファーガソン(ゲップ)
ジョナ・ヒル(スノット)
T・J・ミラー(タフ)
クリステン・ウィグ(ラフ)
クリストファー・ミンツ=プラッセ(フィッシュ
※()内は役名

Amazonビデオ ヒックとドラゴン (字幕版)ヒックとドラゴン 1&2ブルーレイBOX(初回生産限定) [Blu-ray]

 

☆☆☆ 注意 ☆☆☆
※この先は映画のネタバレです。まだ鑑賞されてない方にはおすすめ出来ません。

 

ヒックとドラゴンのストーリーについて触れたいと思います。ヒックとトゥースが心を通わせていく見せ方が実に巧妙でした。慣れないもの同士のけん制する触れあいは時間を長く割き、人間とドラゴンの敵対という物語背景を重くつきつけておきながら、だんだんと慣れ親しみ、パートナーとしての感情が芽生えてからは、したたかにドラゴンに”乗る”に至るまでを描いています。ここではセリフなんてほとんどありません。映像って凄い力がありますよね。

もう1つ絶対に触れておきたいのは最後のシーン。ドラゴンたちはより大きなドラゴンの恐怖から人間たちの家畜を襲っていたわけですが、そのバカでかいドラゴンを倒すためにヒックはトゥースとともに戦い、片足の足首を切断するという結末を迎えてしまいます。でも、このストーリーで良かったと思うんです。何か大きなものを守る”覚悟”をしたヒックが自ら危険を冒して乗り越えた先に、完璧な幸せを描くよりも、現実とより近い描写で”犠牲”となったものを表現しているところがグッときました。尾の翼をなくしたトゥースと同じくしてヒックも自分の一部を無くしたわけですが、それでも義足や義翼として、ともに未来へ生きることが出来るということをラストシーンで見せられて、そして魅せられて、感動をいただきました。

ヒックとドラゴン スペシャル・エディション [DVD]

Written by admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。